プロテインのレビューはこちら!

WPI製法のプロテインでも下痢orお腹を壊す場合の原因と解決法!

WPI製法のプロテインを飲んでも下痢orお腹がごろごろになってしまった。

という方いますか?

乳糖が原因だと分かってWPI製法のプロテインを飲んだのに、やっぱり駄目だったという方が実際にいるようです。

そこで今回は『WPI製法のプロテインを飲んでも下痢になるorお腹を壊す場合の原因&解決法』について紹介したいと思います。

WPI製法のプロテインでも下痢orお腹を壊す場合の原因

WPI製法のプロテインでも下痢orお腹を壊す場合の原因は以下のものが考えられます。

  • 乳糖不耐症の程度が重い
  • 添加物にアレルギー反応がある

乳糖不耐症の程度が重い

乳糖不耐症には個人差があります。

WPC製法からWPI製法のプロテインに変えたという人でも、やはりお腹がおかしくなるというのは乳糖不耐性の程度が重いのかもしれません。

1つ覚えておいて欲しい事はWPI製法のプロテインは「完全に乳糖が除去されてはいない」ということ。

WPI製法のプロテインでも多少の乳糖が残っているので、これに反応してしまうケースが考えられます。

添加物にアレルギー反応がある

プロテインには「人工甘味料、香料、着色料、保存料などの添加物が入っているものもあります。

これらの添加物にアレルギー反応を示すことがあるのでWPI製法のプロテインを飲んでも、お腹がおかしい場合は添加物に原因があると考えられます。

WPI製法のプロテインでも下痢orお腹を壊す場合の解決法

WPI製法のプロテインでも下痢orお腹を壊す場合の解決法は以下の2つがあります。

  • ソイプロテインを飲む
  • 添加物が入っていないプロテインを飲む

1.ソイプロテインを飲む

ソイプロテインは原料が大豆なので、こちらに変えることで原因は解消されるかもしれません!

ソイプロテインならBODYWINGがおすすめです!

2100円と非常に安く、タンパク質含有率も約84%と高いです!

【関連】ソイプロテインおすすめを紹介!【ダイエットなどに活躍!】

とはいえ、「ソイプロテインじゃなくてホエイプロテインがいい!」という方がいるかと思います。

確かに、筋肉を付けるならホエイプロテインの方がおすすめです。

では2つ目の解決策をみていきましょう!

2.添加物が入っていないプロテインを飲む

乳糖不耐症以外にも、添加物へのアレルギー反応がお腹壊す原因である可能性も考えられるので

そのような方は、WPI製法のプロテインの中でも添加物が入っていないプロテインを飲みましょう。

この場合、味無しのプロテインがほとんですが、オレンジジュースを混ぜたりすれば味が改善されます!

バルクスポーツ・アイソプロナチュラル

こちらは人工甘味料、香料、保存料、着色料が全て不使用です!

バルクスポーツ・アイソプロは非常に溶けやすく、タンパク質含有率も86%と高いのでおすすめです!

バルクスポーツ プロテイン アイソプロ 1kg 【WPI】

レビューしているので良かったらどうぞ!

【レビュー】バルクスポーツ・アイソプロ【レビュー】溶けやすさ抜群!

GronGプロテイン ナチュラル

人工甘味料、香料、保存料、着色料が全て不使用です。

こちらもレビューしているのでぜひ!

【レビュー】 GronG(グロング)ホエイプロテインWPI CFM製法ナチュラル【レビュー】

この2つでもダメだったどうしよう、、

この2つでもダメ!という方には最後の切り札です!(笑)

それはChoiceのGOLDEN WHEYです!

GOLDEN WHEY

このプロテインも人工甘味料を使用していないプロテインです。

遺伝子組み換え作物なども使用しておらず、牧草を食べてストレスなく育った牛をのホエイを100%使用しているようです。

味は6種類!
  • プレーン
  • ココア
  • 抹茶
  • ストロベリー
  • シナモン
  • コーヒー

プレーン以外は、天然甘味料のステビアを使用しています!

アマゾンレビューを調べたところ、WPI製法のプロテインでもダメだったという方が「ChoiceのGOLDEN WHEY」にしたところ大丈夫だったようです!

これはWPC製法のプロテインですが、大丈夫だったようです!

ちなみにChoiceにはWPI製法のゴールデン・アイソレートもあります。↓↓

まとめ

いかがだったでしょうか?

WPI製法のプロテインでも下痢になるorお腹がごろごろという方は今回ご紹介した解決法を試してみてください!

解決法まとめ
  • ソイプロテインを飲む
  • 添加物なしのプロテインを飲む