プロテインのレビューはこちら!

プロテインのWPCとWPIの違いって何?【どっちがいい?】

「プロテインのWPCとWPIの違いって何?」「WPCとWPIどっちがいいの?」

そんな方に向けて今回は

  • WPCとWPIの違い
  • WPCとWPIどっちが良いか

について説明していきます!

プロテインの「WPCとWPI」は製法が違う!

WPCとWPIのプロテインの違いについて見ていきましょう!

まず大きく違うのが製法です。その製法の違いによって以下のような違いが生まれてきます。

  • タンパク質含有率
  • 乳糖や脂質の量
  • 値段

それぞれどのようなプロテインなのかを説明していきます。

WPCとは?

WPCとは「Whey Protein Concentrate」の略です。

WPC製法のプロテインは、最も一般的なプロテインで販売されているのもこちらの方が多いです。

WPCのプロテインは、乳清をフィルターでろ過し、残った液体を濃縮したものでビタミンやミネラルなどの栄養素も入っていて、その分タンパク質含有率が低めです。

WPIとは?

WPIとは「 Whey Protein Isorate 」の略です。

WPIのプロテインはWPCのプロテインをさらにろ過し、不純物を出来る限り少なくしたプロテインです。

お腹が痛くなる原因である乳糖や脂質をほぼ除去されており、タンパク質含有率が約80%以上と高いのが特徴です!

WPCよりも製法に手間がかかるため、値段が高めとなっています。(安いのもあります)

~WPCとWPIの違い【比較表】~

WPCWPI
値段比較的安いやや高め
タンパク質含有率約70~80%80%以上
味の種類多い少ない
乳糖と脂質残っているほぼ無い

プロテインは「WPCとWPI」のどっちがおすすめ?

プロテインはWPCとWPIどっちがおすすめなのか?ということですが、

それは何を目的とするのか、何を重視するのかによってどっちが良いかは個々人によって変わってきます!

以下にまとめてみました!

WPCのプロテインがおすすめな人

WPCのプロテインがおすすめな人
  • プロテイン代を安くおさえたい人
  • 色々な味を選びたい人
  • 特にこだわりが無い人

WPC製法のプロテインの方が基本的には安いです。このような方はWPCのプロテインで良いかと思います。

ただWPI製法でもプレーン味を選べばWPC製法のプロテインより安い場合もあるので必ずしもWPC製法の方が安いとは言えません!

WPC製法のプロテインの方が味が豊富にあるので、その点でいえばWPIよりはおすすめできます!

【関連】WPIプロテインおすすめ!【コスパが良いものも紹介!】

味重視ならWPCか、、。

WPIのプロテインがおすすめな人

WPIのプロテインがおすすめな人
  • 脂質をおさえたい人
  • プロテインを飲んでお腹が痛くなる人
  • 溶けやすいプロテインが欲しい人
  • 値段を気にしない人

とにかくタンパク質が欲しいなら、WPIのプロテインがおすすめです!

先ほども言いましたがWPIのプロテインでもプレーン味を選べば、WPC製法のプロテインより安く買えることもあるので見てみて下さい!

溶けやすさはWPI製法のプロテインの方が良いと私は思います。例えばバルクスポーツ・アイソプロはスプーンでかき混ぜるだけで溶けます

【関連】バルクスポーツ・アイソプロ【レビュー】溶けやすさ抜群!

【関連】WPIプロテインおすすめ!【コスパが良いものも紹介!】