プロテインのレビューはこちら!

ワークアウトドリンクは筋トレにおすすめ!【作り方を紹介!】

「ワークアウトドリンクに何を入れる?」「ワークアウトドリンクのおすすめを教えて欲しい!」

そんな方に向けての記事です!

ワークアウトドリンクがあるかないかで、筋トレのパフォーマンスはかなり違ってくるので、

ぜひワークアウトドリンクを活用していきましょう!

  • ワークアウトドリンクの作り方
  • ワークアウトドリンクに入れるもの

ワークアウトドリンクとは?【なぜ必要?】

ワークアウトドリンクとは筋トレの効果を最大限に引き出すために使うドリンクです。

ワークアウトドリンクは以下のような目的で使います!

  • 筋トレ中の疲労軽減
  • 筋トレでパフォーマンス向上
  • 筋トレ中の筋肉の分解を抑える

ワークアウトドリンクを飲まないと、上記3つの逆のことが起きてしまい、効率よく筋トレを行うことが出来ません!

ワークアウトドリンク飲んでから調子よくなったわ!

ワークアウトドリンクに入れるサプリメント

ワークアウトドリンクには主に以下のサプリメントを入れたりします。

  • BCAA
  • EAA
  • マルトデキストリン

BCAAとマルトデキストリンがあれば十分なワークアウトドリンクが作れます

EAAはBCAAの効果も得れるのですが値段が高めなので、まずはこの2つがおすすめです!

マルトデキストリン

マルトデキストリンは糖質です。

糖質は体内で筋肉グリコーゲンとして貯えられ、筋トレ時のエネルギー源となります!

糖質不足で筋トレをすると「頭がボッーっとしたり、筋肉が分解されたり」してしまうので、

マルトデキストリンで糖質をしっかり摂りましょう!

マルトデキストリンは素早く吸収されるのでワークアウトドリンクに適しています!

BCAA

BCAAを飲むことで「筋肉の分解を抑えたり、疲労を軽減して集中力を持続」させます。

筋タンパク質の合成を促進させる」効果もあるので筋肉を効率よく作るのに適したアミノ酸です!

EAA

EAAはBCAAを含むので、基本的に効果は同じです。

大きく違うところは

「タンパク質をつくるための必須アミノ酸を全て持っているかどうか」です。

  • BCAA・・・3つの必須アミノ酸
  • EAA・・・9つ全ての必須アミノ酸

BCAAは3つのアミノ酸なのでBCAA単体だけでは筋肉をつくる材料にはなりません!

一方、EAAはタンパク質を作るのに必要な9種全ての必須アミノ酸なのでEAA単体で筋肉をつくる材料になります!

ワークアウトドリンクの作り方【簡単!】

ワークアウトドリンクの作り方について説明していきます!

作り方と言ってもスゴイ簡単で、ただ水に入れるだけです笑

今回は

  • BCAA
  • マルトデキストリン

で作ります!

水は500ml以上はあった方が良いかと思います。

グラムを計るのに計量器があると便利です!!

BCAA:5~10g

BCAAは5~10g入れましょう。

あくまで目安なので、商品説明に書いてある通りに入れるのが無難かと思います。

マルトデキストリン:体重×0.5~1g

マルトデキストリンは体重×0.5~1g入れましょう!

私は体重×0.5g入れるようにしています!

完成です!!

「ワークアウトドリンク」を筋トレ中に少しずつ飲んでいきましょう!

アップル味うっま!!

ワークアウトドリンクに入れたサプリメント紹介!

今回、ワークアウトドリンクの作り方でご紹介した「BCAA」と「マルトデキストリン」を紹介します。

どちらもコスパ良いものとなっています!

マルトデキストリン

特徴
  • 1kg・・・700円代(私の購入時は740円)
  • 100g・・384㎉

カロリーを多く摂取できるので「筋肉をつけて太りたい!という方にもおすすめできます!

1㎏で700円代と高くないので、バンバン使えます!

GronG BCAA

特徴
  • 1㎏100食・・5980円
  • BCAA含有率・・・84%
  • 国内製造

他のBCAAに比べるとめっちゃ安いです!

しかも国内製造!!

1食約60円で使えるので、コスパ良いです!

まとめ:ワークアウトドリンクで筋トレの効果を最大限に引き出そう!

ワークアウトドリンクがあるかないかで、得られる筋トレの効果も違ってきます!

「まだワークアウトドリンクを使っていない!」という方がいれば、

ぜひ今回ご紹介したようなワークアウトドリンクを作ってみてください!