プロテインのレビューはこちら!

筋トレをやっていく上で注意するべきこと!【後悔しないために】

皆さん、こんにちは!

筋トレははかどっているでしょうか?

間違った筋トレをずっとやっていくのは時間とお金がもったいない!ということで

今回は

  • 筋トレをやっていく上で注意するべき事【後悔しないために】

についてまとめたのでぜひ参考にしてみてください!

筋トレをやっていく上で注意するべき事

筋トレをやっていく上での注意するべきことをご紹介します!

以下の通りです!

  1. 追い込むまで筋トレをやめない
  2. 同じ部位で毎日やらない
  3. 空腹で筋トレしない
  4. タンパク質を多く摂るのは筋トレした日だけじゃない
  5. 睡眠時間を減らさない
  6. 体をデカくしたいなら摂取カロリーを増やす!
  7. 筋トレの成果はすぐに出ると思わない事

1つずつ説明していきますね!

追い込むまで筋トレをやめないこと

筋トレは鍛えたい部位をしっかりと追い込んでから終えるようにしましょう!

まだ反復できるのに(挙げれるのに)筋トレを終えてしまうと効率よく筋肥大させることが出来ません。

もう限界だというところまでしっかりと追い込むことが筋肉に刺激を十分に与えることになるので

追い込むまで筋トレはやめないようにしましょう!

同じ部位で毎日やらない

これは筋トレをやっていく上で特に注意すべき事です!

同じ部位を毎日やればやった分だけ筋肉がつきそうな気がしないこともないですが、

これは良くありません!

筋トレでしっかりと追い込み筋肉を傷つけたあとは、筋肉が成長するための回復期間を設ける必要があります!

しっかりと筋肉を休ませてはじめて筋肥大がうまく行われます!

同じ部位で毎日やるという事は避けて、日ごとに部位を分けて筋トレするのがおすすめです!

空腹で筋トレしない

空腹で筋トレしてしまうと『筋肉が分解』してしまいます!

これはなぜかというと空腹はエネルギーとなる糖質が足りない状態なので

足りない分のエネルギーを筋肉を分解して作ろうとする

からです!

ですので『空腹で筋トレする≒筋肉を減らしにいく行為』みたいなものなので絶対に避けましょう!

空腹で筋トレしないためには間食を取り入れていくのがおすすめです!

筋トレに間食は欠かせない!【タイミング良く取り入れよう!】

タンパク質を多く摂るのは筋トレをした日だけじゃない

筋トレをすると筋タンパク質の合成感度が高まります!

このタイミングでいかに多くのタンパク質を体内に送り込かが筋肥大を促進させれるかどうかに関わってきます!

この筋タンパク質の合成感度が高まった状態というのは48時間は続くと言われています。

ですのでタンパク質を多めに摂るのは筋トレした日だけではなく、筋トレした次の日、その次の日もという事になります!

筋トレを週に4,5回する人はタンパク質を毎日多めに摂る必要があるということです!

プロテインの出番だ!!

睡眠時間を減らさない

睡眠をしっかり摂ることが筋肉を回復、成長させることにつながります。

睡眠時間を減らしてしまうと筋肉が成長しないだけでなく、筋トレのパフォーマンスも下がってしまいます!

筋トレをやっていく上では睡眠時間を減らさないように注意しましょう!

体をデカくしたいなら摂取カロリーを増やす!

筋トレをやって体をデカくしていきたいなら摂取カロリーに注意しましょう!

体をデカくしたいのであれば「摂取カロリー>消費カロリー」にすることが絶対条件です。

毎日の食事をうまく考えてカロリーを増やし消費カロリーを上回るようにしなければいけません!

筋トレをしていくと消費カロリーが上がるので摂取カロリーを上回るようにするのは結構難しいです!

体をデカくしたいならバランス良く、たくさん食べましょう!

筋トレの成果はすぐに出ると思わない事

筋トレの成果はすぐには出ません!

これは特に筋トレを始めたての方に知っておいて欲しい事です!

体の変化が出てきたなと思えるのは人によってそれぞれだとは思いますが、2ヶ月、大きな変化を遂げるには1年くらいはかかるかと思います!

筋トレの成果がすぐに出ないからと言って、すぐにやめてしまうのは非常にもったいないので継続して筋トレするようにしましょう!

まとめ

以上で筋トレをやっていく上で気を付けるべき事についての説明は終わります!

間違った方法で筋トレ、食事をするともったいないのでぜひ自分の筋トレ・食事が間違っていないかを確認してみてください!

これは注意しないといけないというのがあれば後日追記していきます!

筋トレして筋肉を付けつつ太る方法を紹介!