プロテインのレビューはこちら!

プロテインで下痢になった人は必見!原因は・・・です!

「プロテインを飲んで下痢をしてしまった、」「お腹をこわしてしまった」

という方いるかもしれません。

それは乳糖不耐症が原因かもしれません!

今回は

  • プロテインを飲んでお腹を下す理由
  • お腹を下す可能性のあるプロテインの種類
  • お腹を壊す人でも飲めるプロテイン

について紹介していきます。

お腹を下す原因と飲めるor飲めないプロテインについても理解を深めていきましょう!

プロテインで下痢になる原因

プロテインで下痢になる、もしくはお腹が痛くなるという方は以下の2つの原因が考えられます。

  • 乳糖不耐症
  • 牛乳アレルギー

原因①:乳糖不耐症

乳糖不耐性とは乳糖を分解するラクターゼが欠乏あるいは不活性化によって乳糖が十分に分解されず、

腸の中に残ることでお腹に異変が起きることです。

ホエイプロテインは牛乳を原料としているので牛乳に含まれている乳糖が原因でお腹をこわしたり下痢になってしまう可能性があります。

原因②:牛乳アレルギー

牛乳アレルギーの場合、下痢になります。

プロテインを牛乳で飲んでいる人はあてはまる可能性もあります。

また乳糖がほとんど入っていないWPI製法のプロテインを飲んでも下痢になる場合はアレルギーの可能性が高いかもしれません。

【関連】WPI製法のプロテインでも下痢orお腹を壊す場合の原因と解決法!

どの種類のプロテインを飲むと下痢になる?

下痢あるいはお腹を壊すかもしれないプロテインの種類は2つです。

  • WPC製法によるプロテイン
  • カゼインプロテイン

です。

WPC製法によるプロテインというと聞いたことない感じがしますが、これは最も一般的なプロテインの事です!

おそらくあなたも飲んでいるのがWPC製法のプロテインだと思います。

この製法はフィルターで乳清をろ過して残った液体を濃縮してつくります。

乳糖が残っているのでこれが原因で乳糖不耐症の人はお腹に異変が生じる場合があります。

カゼインプロテインも原料は同様に牛乳ですので乳糖不耐症の人にはお腹がごろごろするかもしれません。

プロテインで下痢になってしまう人のための解決策

プロテインを飲んで下痢になってしまう人の解決策は以下の2つです!

  • ソイプロテインを飲む
  • WPI製法のプロテインを飲む

1.ソイプロテインを飲む

ソイプロテインの原料は大豆なので、こちらを飲めば改善されるでしょう!

ですのでプロテインを飲んで下痢になるorお腹が張る人はこれらのプロテインを飲む事によって防ぐことが出来ます。

【関連】 ソイプロテインおすすめを紹介!【ダイエットなどに活躍!】

2.WPI製法のプロテインを飲む

WPI製法のプロテインは乳糖がほぼ除去されています。

タンパク質含有量が多いのが特徴です。

こちらはGronGという国内製造のプロテインです!

WPIのプロテインなのに安いが特徴です!

【レビュー】 GronGホエイプロテインWPI CFM製法ナチュラル【レビュー】

バルクスポーツ プロテイン アイソプロ 1kg 【WPI】

こちらはバルクスポーツのプロテインで国内製造です!

アマゾンだと20%クーポンが付いていることが多いのでアマゾンで買う方がお得です!

【レビュー】 バルクスポーツ・アイソプロ【レビュー】溶けやすさ抜群!

まとめ

プロテインを飲んだ後にお腹の調子が良くない、下痢になるという方は乳糖不耐症かもしれません。

そんな方は今回紹介したようなWPIのプロテインがあるのでぜひ試してみてください!

~関連記事おすすめ~

【関連】 WPIプロテインおすすめ!【コスパが良いものも紹介!】

【関連】 プロテインを飲んでおならが臭う&増える原因とは?【対策はこれ!】

【関連】 ソイプロテインおすすめを紹介!【ダイエットなどに活躍!】