プロテインのレビューはこちら!

鶏ささみと鶏むね肉の違い【筋肉つけるならどっち?筋トレする人必見!】

鶏のささみとむね肉どちらもタンパク質多そうで良さそうだけど、どっちが筋肉をつけるには良いだろう?

筋トレしている人だったら、ささみが良いというのは聞いたことがあるかと思います。その通りです笑!そんなわけですが、

「鶏むね肉はどうなの?」

ってことでささみと比較して確認も兼ねてそれぞれの特徴をまとめていきます。ぜひご覧ください!

鶏ささみと鶏むね肉の違いについて

ささみとむね肉の違いについてまとめていきたいと思います。

鶏のささみはむね肉の内側の場所にある肉で1羽から取れる量はむね肉の方が多いです。

これがむね肉の方が安く売っている理由です。

100gあたりの成分比較

むね肉(若鶏)ささみ(若鶏)
タンパク質21.3g23.0g
カロリー145㎉105㎉
脂質5.9g0.8g
糖質0.1g0g

抜粋元:日本食品標準成分表http://www.mext.go.jp/

となっています。

タンパク質についてはそこまで大差はないですがカロリー、脂質には差がありますね。ささみは脂身がほぼ無いのでこのような結果になってます。

ただこの値はむね肉に脂身がついている場合の値なので、脂身を落としたりしてしっかりと処理すればそれなりに近い値にはなります。

その手間を省きたいならささみ一択!!!

筋トレして筋肉をつけたいなら鶏ささみor鶏むね肉?

筋トレして筋肉をつけるならどっちが良いのか?

  • 手間を省きたいなら→鶏ささみ肉
  • 安さを求めるなら→鶏むね肉

という感じになります。

ささみは脂身がついていないので下処理が必要ないので楽に調理できます。めんどくさい事を省きたいなら鶏ささみがおすすめです!

一方、鶏むね肉は脂身がついているのでそれを処理する手間をいとわない、とにかく安いものが良いという方には鶏むね肉が断然おすすめです!

個人的には鶏むね肉がおすすめです!とにかく安いので!

鶏むね肉にはイミダゾールジペプチドという抗酸化作用のある成分が入っているので鶏むね肉の方が摂取のメリットが多いです!

これ関しては記事下の方に関連記事があるのでそれをご覧ください!

繰り返しになりますがむね肉食べるときは脂身をしっかり取る必要があります。そうしないと成分がささみに近い値にならないので!

まとめ

鶏ささみと鶏むね肉の違いについて理解できたでしょうか?

タンパク質、脂質、カロリーについてはむね肉の脂身をとってしまえばそこまで大差はないです。

処理にかかる手間、値段などを総合的に判断して自分に合う肉を選んで食べるのが良さそうです。

ちなみに今日私はむね肉を買いました!上の写真です笑。

”ささみ”じゃないんかーい!!

100gあたり58円で売っていたので買っちゃいました。838gで486円でしたね。さっそく冷凍保存しました!

むね肉、ささみの肉を大量に食べるのは物足りない、キツいという方はやはり手っ取り早くタンパク質が摂れるプロテインもおすすめです!

筋トレする人が鶏むね肉を食べないともったいない!その理由とは?