プロテインのレビューはこちら!

筋トレすると風邪をひきやすくなる原因とは?【予防法も紹介!】

「筋トレしてから風邪をひきやすくなった。」「筋トレする前はこんなに風邪をひくことはなかったのに、、。」

という方いらっしゃるでしょうか??

私自身、筋トレを始める前はほとんど風邪をひかなかったのですが、筋トレを始めてから風邪を何度かひくようになりました。

実際に筋トレをすると風邪をひきやすくなるという事があるそうです。

この記事では

  • 筋トレで風邪をひきやすくなる原因
  • 筋トレで風邪をひかないようにする予防法

2つについてお話していきたいと思います!

筋トレで風邪をひきやすくなる原因とは?

筋トレで風邪をひきやすくなる原因は

筋トレを行うと一時的にオープンウィンドウ”と呼ばれる免疫機能の低下を引き起こすからです。

このために風邪をひきやすくなることが考えられます。

筋トレが高強度で長時間のトレーニングであればあるほど免疫機能の低下も著しくなり風邪をひいてしまう可能性も高まります。

筋トレで風邪をひかないようにするための予防法

筋トレで風邪をひかないようにするための予防法をご紹介します!

  1. 適度に筋トレをする
  2. グルタミンを摂取する

などの対策が挙げられます。

適度に筋トレをする

高強度の筋トレを行えば疲労などの要素も加わり免疫機能が低下します。

ですので筋トレをする時は過度にやらないで適度にやっていくのが良いということです!

適度な筋トレは体温を上げ、免疫機能を上げるので風邪予防になります。

特に筋トレ始めたての時などはいきなりガツガツ筋トレするのではなく、休養もしっかりと入れて適度に筋トレをすることが風邪予防にもなります!

グルタミンを摂る

もう1つの風邪予防としてはグルタミンを摂ることです!

グルタミンは非必須アミノ酸の一種で以下のような働きがあります。

  • 免疫機能の向上
  • 疲労回復
  • 筋肉の分解抑制

今回の場合だと免疫機能を向上させる効果が風邪予防になってくれます!

また筋トレなどの高強度のトレーニングを行うとグルタミンの消費も多くなるため、不足した分を筋肉を分解して補おうとします。

グルタミンは風邪予防だけでなく筋肉の分解を抑制する働きもあるのでグルタミンの摂取は一石二鳥です!

まとめ

筋トレで風邪をひきやすくなるというのは実際にあるということですね!

筋トレをしていて最近風邪をひきやすくなったなと感じている方、もしくは風邪をひきたくないという方は今回ご紹介した対策を試してみてください!

おすすめはグルタミンです!風邪予防以外の効果もあるので一度試してみてください!