プロテインのレビューはこちら!

筋トレにブロッコリーはなぜ良いのか?【筋肉つけたいなら食べるべし!】

筋トレしてる人たちってなんかブロッコリー食べてますよね?

筋トレYoutuberとか見ても食事のシーンでブロッコリーが良く登場するかと思います笑。

さて今回はそんなブロッコリーの何が良いのかについてまとめていきたいと思います。

これを見た後には、皆さんもブロッコリーが筋トレのお供になっていることでしょう!

筋トレにブロッコリーをおすすめする3つの理由!

筋トレになぜブロッコリーが良いのか?

ブロッコリーには以下のような特徴があるからです!

  • タンパク質が割と多い!
  • エストロゲン(女性ホルモン)の働きを抑える
  • ビタミンCが豊富!

1つずつ少し詳しく説明していきますね!

1.野菜の中ではタンパク質が多い!

ブロッコリーは野菜の中ではタンパク質が多いです!

100gあたりタンパク質が4.3gも含まれているんです!!

ちなみに、他の野菜はこんな感じです!

  • キャベツ100gあたり・・・1.3g
  • レタス100gあたり・・・0.6g
  • キュウリ100gあたり・・・0.98g
  • ピーマン100gあたり・・・0.9g

他の野菜と比べると、圧倒的に多いです。

こうなったら筋トレする人は食べるしかありませんね。

俺1日にブロッコリー1個食べてっから!

2.女性ホルモンであるエストロゲンの働きを抑制

ブロッコリーには女性ホルモンであるエストロゲンの働きを抑えてくれる働きがあります。

男性にも女性ホルモンは少し存在します。

筋肉をつけてがっちりした体をつくるためには男性ホルモンであるテストステロンを多く分泌させたいわけですから女性ホルモンの働きは抑制したいもんですね!

筋肉をつけやすくするという理由でもブロッコリーはおすすめということです!

3.筋トレの疲れを回復させるビタミンCが豊富!

ブロッコリーにはビタミンCが豊富に入っています。

筋トレのような高強度のトレーニングをやると疲労感を感じる原因になる活性酸素が増えます。

そこでブロッコリーを食べて、抗酸化作用のあるビタミンCを摂ることで疲労が軽減するというわけです!

またビタミンCはコラーゲン繊維の合成に必須の成分です。

コラーゲンは筋繊維同士のつなぎの役目を果たすので

高強度の筋トレを行うためにも、ビタミンCを摂れるブロッコリーはもってこいの食材というわけです!

ブロッコリーの3つの特徴!
  • 野菜の中でタンパク質が多い!
  • 女性ホルモンの働きを抑える!
  • 抗酸化作用のあるビタミンCが豊富!

【関連】筋トレにビタミンが必要な理由とは?【タンパク質だけじゃダメ?】

筋トレする人におすすめなブロッコリーの食べ方

私がやっているおすすめなブロッコリーの食べ方をご紹介します。

ブロッコリーと鶏むね肉を用意!あと塩コショウもあると良いかも!

  1. それぞれ食べやすい大きさに切って皿にのせる
  2. 塩コショウかける
  3. レンジで10~15分くらいレンジでチン!(時間は量で変わります)

終わりです!すごく簡単です。料理酒とかで味を染み込ませた方が良いのかもしれませんが、めんどくさいのでやりません笑。

これで最強タンパク質メニューの出来上がり!

簡単にできちゃうのでおすすめです。

なぜこのメニューかというと鶏むね肉がメッチャ安くてタンパク質がとれるからです!鶏むね肉単体で食べるもの飽きますしブロッコリーと合わせればちょうど良いです。

鶏むね肉の魅力はこちらでも紹介してます!w

【関連】筋トレする人に鶏むね肉をおすすめする3つの理由!

まとめ

ブロッコリーが筋トレする人にとって良い理由がお分かりになったでしょうか?

トレーニー達があんなにこぞってブロッコリーを食べてたのも納得です!笑

ブロッコリーにはこんなにも良いメリットがあったんです!

ブロッコリーの3つの特徴!
  • 野菜の中でタンパク質が多い!
  • 女性ホルモンの働きを抑える!
  • 抗酸化作用のあるビタミンCが豊富!

筋トレする人はブロッコリーも忘れずに食べていきましょう!

~関連記事おすすめ~

【関連】 筋肉をつける食べ物おすすめ6選!【筋トレする人必見!】

【関連】 筋トレに納豆は重宝レベル!【その理由とは?】

【関連】 筋肉がつかない!そんな人が見直すべきポイント